今年の夏 その6『灼熱の京都』

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月19日

2019.8.19      撮影は8月9日

 

 

 

 

 

息子がどうしてもと、言うので

予定外だが

義母のいる大阪に行くことになった

3日前には、すでに嫁さんが先に帰省している

 

東京も暑いが、

大阪も暑い

 

しかし!京都はもっと暑い

 

京都盆地は東山に琵琶湖の涼しい風を遮られ
逃げ場を無くした熱風は、洛中でいつまでもうずまき、

フライパンの中のベーコンのように

人々はカリカリになるまで焼かれるのである。

 

IMG_2336.jpg

 

それでも人は真夏の古都へ集まるのだ。

 

一見、涼やかな哲学の道。

とんでもない!

湿気が手で掴めるぐらい蒸し暑い

 

IMG_2339.jpg

 

慈照寺(銀閣寺)参道
「お父さん、ここほぼ外国やな。9割白人やん」

と息子。

白人種は暑さに弱いはずだが、
真夏の京都にはめっぽう多い

 

IMG_2347.jpg

 

 

 

IMG_2351.jpg

 

この銀閣寺と言われるお堂は

できた当時、漆黒の漆に覆われていたらしい

金閣寺のように復元される日は来るのだろうか

 

IMG_2356.jpg

 

タクシーの運転手さんの話では

この砂は白川の川砂なんだそう

 

IMG_2368.jpg

 

 

IMG_2396.jpg

 

展望のいいところから見た。

向こうに見える低い丘は吉田山

 

IMG_2397.jpg

 

この庭はもみじが多い

秋の紅葉の時はきっと素晴らしい光景なのだろうなぁ

 

人も何十倍も多いだろうなぁ

 

 

IMG_2402.jpg

 

苔がきれい

手入れはどうしてるのか?
早朝にしてるのだろうけど

その労力を思うと、京都の重みはすごい

 

IMG_2425.jpg

 

その苔をアップで撮影する息子

 

IMG_2424.jpg

 

 

IMG_2426.jpg

 

サウナ風呂にいるほどの暑さだが

それをすっかり忘れるほどだった、と、

言いたいところだが、

メッチャ暑っかった

 

 

さて、

銀閣寺の参道でうどんを食べて

タクシーで狸谷不動院へ

 

IMG_2440.jpg

 

GWに僕は訪れているのだが

息子が行きたいと言うので再訪

 

IMG_2443.jpg

 

 

IMG_2459.jpg

 

IMG_2466.jpg

 

IMG_2471.jpg

 

IMG_2509.jpg

 

IMG_2528.jpg

 

IMG_2536.jpg

 

山深く、観光客はまずいない。

 

谷から覗く

昔のように静かな京都の夏

 

IMG_2543.jpg

 

 

狸谷でタクシーを呼んで

せっかくなので上賀茂神社まで足をのばす

途中、タクシーの運転手さんと色々話していたら

学生時代の通学バスのコース、深泥池の近くを通ってくれた

 

上賀茂神社到着

ここはまた、暑い!

 

IMG_2547.jpg

 

 

IMG_2556.jpg

 

とにかく暑い

ここは下鴨神社のような森はない

 

手水舎の水が救い。

気持ち良い

 

IMG_2564.jpg

 

 

IMG_2568.jpg

 

 

この日は特別参拝が出来ると言うので、

参拝料を払って二人で入る

 

IMG_2591.jpg

 

写真は撮れないのだけど

この建物の中のクーラーの効いた部屋で、

宮司さんにありがたいお話と

お祓いをしていただいて

さらに奥の本殿にお参りができた。

 

そして、やはりおみくじを買う息子

今日、二枚め

大吉

 

IMG_2580.jpg

 

 

やはり上賀茂神社は馬

 

IMG_2584.jpg

 

今年の干支のイノシシも

 

IMG_2596.jpg

 

 

IMG_2595.jpg

 

上賀茂神社の紋

 

IMG_2583.jpg

 

 

 

何やってるの?

なんだか真剣に、慎重に

 

IMG_2605.jpg

 

あ、松葉!

砂山のてっぺん、少し湿らせて刺してあった

 

IMG_2612.jpg

 

帰りに境内を散歩

川だ、しかもきれいな渓流の趣

 

IMG_2624.jpg

 

 

「冷たくて気持ち良いで」

 

IMG_2637.jpg

 

見ると子どもたちが

ゴーグルつけて潜っている!

流れが早いので潜りながら流されて遊んでいる

 

IMG_2651.jpg

 

こんなの有りなんだ、と

思っていたら

その先では、

たくさんの水遊びの家族で賑わっていた。

 

IMG_2660.jpg

 

 

 

IMG_2657.jpg

 

GWに続いて京都を散策

この街は、重力が強い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年の夏 その5『五島、小値賀を食べる』

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月18日

2019.8.18  撮影は7月

 

 

 

小値賀での食事は

7割は自炊

地元で買って、作って食べる

 

IMG_0444.jpg

 

地元の野菜や魚は

どれも新鮮で美味しい

 

でもちょっと忙しい

 

IMG_1032.jpg

 

 

 

IMG_1059.jpg

 

 

パスタ7人分!

 

 

IMG_1060.jpg

 

 

 スーパーには

地元のお母さん手作りの

かまぼこがある。

島の人は何日に入るか知っていて

出来立てをみんな狙ってる

 

僕たちもその日にすかさず買って

すぐに食べる

 

IMG_0815.jpg

 

わさび醤油で

パクリ

とっても美味しい。

 

早朝、漁協に行くと

どんどん船が帰って来て

いろんな種類の魚が並んでいるのが見られる

 

IMG_0781.jpg

 

わ、今日は

 大きなウツボが!

 

どれを買う?

あっち?

これは?

じゃ、これと、あれにしよう。

 

IMG_0268.jpg

 

イカが

いっぱい!

これも買って行こう

 

さぁ、何を作ろうか

 

IMG_0266.jpg

 

 

 

 

IMG_1072.jpg

イカゲソ

 

 

IMG_1027.jpg

 

 

カルパッチョ

 

IMG_1052.jpg

 

 

アクアパッツァ

IMG_0826.jpg

 

 

IMG_0814.jpg

 

 

お刺身にも

IMG_0496.jpg

 

 

作りすぎた?

ぜーんぜん、

あっという間に平らげた

 

IMG_0830.jpg

 

 

IMG_0854.jpg

 

 さぁ、スイカ切れたよー

 

IMG_0861.jpg

 

 

 

IMG_0867.jpg

 

 

 

IMG_0872.jpg

 

食後に宿題をやったら

海に行こう

 

 

IMG_0880.jpg

 

小値賀の毎日

 

 

 

 

 

 


今年の夏 その4『五島、小値賀の海、空2』

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月18日

2019.8.18   実際の撮影は7月

 

 

 

 

今年も台風一過の快晴

オーブンの中に放りこまれたような熱に焼かれて

嬉しそうにムクムク膨れ上がる雲

 

IMG_1084.jpg

 

 

バジターブルーの空が広い

 

 

IMG_1094.jpg

 

 

田んぼの道を

右に曲がると

突然の海が

 

IMG_1219.jpg

 

 

一年ぶりの真夏の海!

 

 

IMG_1150.jpg

 

 

5年生の男の子が猛然とダッシュ

あっという間に海の中

 

IMG_1104.jpg

 

僕たちは置いてけぼり

 

ちょうど潮が引いて砂浜が広い

 

IMG_1190.jpg

 

潮が作る砂の怪物があちこちにあらわれて

岩はすっかり姿を見せていた

 

IMG_1156.jpg

 

 

IMG_1184.jpg

 

 

翌日は

牛を放牧する草原を歩き

もう一つの浜へ向かう

 

IMG_0895.jpg

 

 

 

IMG_0904.jpg

 

 

 

IMG_0932.jpg

 

 

 

IMG_1017.jpg 

 

 

 

IMG_0991.jpg

 

 小値賀の海と空

 

 

 

 

 

 


今年の夏 その3『五島、小値賀の海、空1』

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月16日

2019.8.17    撮影は7月

 

 

 

 

 

夜明け前、4時50分

フェリーは小値賀島に到着。

 

IMG_0253.jpg

 

東京では見ることができない

澄んだ空気が見せてくれる美しい雲の姿

 

IMG_0250.jpg

 

散歩

植生が南国のようで、東京や関西とはまるで違う

ほとんどが常緑樹。

 

IMG_0302.jpg

 

 

いろんなイチジクの仲間が目立つ

 

IMG_0771.jpg

 

 

小さな果実

 

IMG_1116.jpg

 

割ると間違いなくイチジクだ

 

IMG_1117.jpg

 

海辺の土地らしく椿も多い

実も大きく実っている

 

IMG_1077.jpg

 

蔓性の実も東京では見ないもの

 

IMG_1076.jpg

 

 

浜辺にはハマユウの群生

 

IMG_0982.jpg

 

 

IMG_0966.jpg

 

花の後、実が膨らみはじめる

馴染みのない不思議な形が楽しい

 

IMG_0962.jpg

 

ハマユウとは、浜木綿と書くようだけど

この実の中は綿状になるのだろうか

 

IMG_0977.jpg

 

海に向かう線路

「千と千尋」に描かれた海を渡る鉄道を思わせる

 

IMG_0350.jpg

 

 

石畳と石垣

 

IMG_0374.jpg

 

 

散歩はこれで終わり

さぁ、海へ!

 

 

 

 

 

 


今年の夏 その2『五島前日、福岡』

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月16日

2019.8.16  撮影日は7月

 

 

 

 

 

 

2019.8.16   撮影日は7月終盤

 

 

五島へは

夜、博多港からフェリーで一晩過ごし

早朝に着く。

 

そのためまず

東京から空路福岡へ飛ぶ。

昼頃着くと、半日ほどを福岡で過ごす。

 

さて、今年の昼食は薬院にあるラーメン店『玄瑛』へ

僕は何度も行ってお気に入りの店だが

息子と嫁さんは初めて。

 

IMG_0128.jpg

 

タクシーで到着

「え? ここ?!」と嫁さん
「なにこれ!倉庫やん」と息子

 

この店は

「はい、ラーメン屋がありますよ!」などと大声は上げない。

それどころか、

「見つかりませんように」と願ってるような店構えなのである。

 しかも、引き戸を開けると目の前が壁で

左へ行くように矢印があり、

さらに右手に回り込み狭い廊下を行った先に

やっと店内が見渡せる入り口に到達するのである。

 

 

IMG_0115.jpg

 

初めて一人で行った時は、

まずここがラーメン屋であることに確信が持てるまでに数分を要した。

して

この奇怪なつくりの訳は

この店の正式名称が「麺劇場 玄瑛」ということでわかってくる。

写真のように、店内は小さな階段教室のようになっていて

客は自ずとラーメンを作る厨房をじっと見つめることになるのである。

 

IMG_0116.jpg

 

なんとややこしい!

「ラーメン作ってるとこ見てどうすんねん」

「そないに大したことかいな!」

と、関西人ならツッコミたくなるのだが

食べると、うまいので、そんなことどうでもよくなってニコニコしてまうのである。

 

IMG_0117.jpg

 

もちろん、

大阪の「まんねん」が日本一美味しいこラーメン屋であることは間違いないが

ここのあっさりした魚介風味のトンコツはなかなかのものである。

 

IMG_0122.jpg

 

これは、息子が頼んだ替え玉。

ごらんの通り、博多の豚骨ラーメンの麺とは全く違い

冷麺の麺のようにシコシコしている。

さて、なんでこの店だったのかというと

薬院には必ず行く北欧家具の店や品揃えのいい雑貨店があるから

 

IMG_0167.jpg

 

猛暑の中、嫁さんは元気に店を見て回り

息子と僕は雑貨店のカフェで
「フエ〜、暑かったー」と休憩。

 

IMG_0134.jpg

 

最後は商標の可愛いアイスキャンディーを食べて

福岡の慌ただしく楽しい半日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年の夏 その1『島の夕日』

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月15日

2019.8.15 撮影は7月30日

 

 

 

 

五島列島の夕日

 

芝生、その先の断崖、そして海。

遥か果てに沈みゆく太陽。

 

こんな景色を見られるのは、ここしか知らない。

 

はやい夕食後、西の空が見られる海へ。

 

全てを洗い流すような

澄んだパステルカラーの空

 

IMG_1312.jpg

 

 

 

 

IMG_1306.jpg

 

 

友達の家族と僕の家族、たった7人の場所

 

 

IMG_1361.jpg

 

 

 

IMG_1362.jpg

 

始まる、

一瞬の奇跡

 

IMG_1373.jpg

 

 

 

IMG_1372.jpg

 

 

 

IMG_1371.jpg

 

想像を絶する光、色、影

 

IMG_1365.jpg

 

 

沈んで行く直前、さらに燃え上がる空

 

IMG_1380.jpg

 

 

 

 

IMG_1387.jpg

 

 

そして

沈みきった空

色は濃くビビッドに

より赤くなる

 

 

IMG_1389.jpg

 

 

IMG_1391.jpg

 

 

 

 

IMG_1402.jpg

 

 

 

IMG_1404.jpg

 

 

 

IMG_1409.jpg

 

みんな、合図したように声が漏れる

 

IMG_1421.jpg

 

すると、また違う色が現れ

 

「見て見て!

 ほら、また!すごい!」

 

誰かが声を上げる。

 

IMG_1437.jpg

 

 

 

IMG_1446.jpg

 

 

 

IMG_1439.jpg

 

 

石器時代の人々も

同じように

「うわー、めっちゃキレイ」って

見てたのかな

 

IMG_1452.jpg

 

 

 

IMG_1460.jpg

 

 

 

IMG_1473.jpg

 

 

五島の海と空

 

 

 

 

 

 

 

 


福岡市→高松→小豆島

投稿者 koshirohata 日時 2019年8月6日

2019.8.3-4-5

 

 

7月31日、五島列島から帰ってきて中一日、

8月2日に講談社絵本新人賞の選考会があって

8月3日、福岡の絵本塾で講義

8月4日、高松でワークショップ

8月5日、小豆島のこども園でお話会

 

というハードスケジュールだった。

 

福岡では到着後、まもなく講義。

さらに参加者の方々の作品講評をするも、時間が足りず夕食時間中へ延長

翌日、朝7時30分ぐらいの新幹線で岡山、

マリンライナーに乗り換え、瀬戸内海を渡って高松へ。

 

 

 marine2.jpg

 

初めて乗るマリンライナー。
瀬戸内海の景色を見ようと、

意気込んで指定席を買ったら、

なんと二階建車両の一階席。

オーノー!

羨望がすごく悪い上に、狭く、網棚さえ無く、荷物を置く隙間さえない。
これでは、自由席以下やないかい!と心の中で吠える。

しょうがなく荷物は、よっこいしょと、階段を上がって

運転席後ろのグリーン席の後ろのスペースにこっそり置いた。

ちなみに二階部分がグリーン席だった。

 

注意:マリンライナーに乗るときは、指定席はいいことなし。

自由席かグリーン席で!空いてます。

 

marine1.jpg

 

さて、

海が見えたら、思ったよりあっという間に坂出市に
そのあとは10分ほどで高松終点でした。
速さは本当に驚くべき進化であった。

 

Takamatsu.jpg

 

景色は一気に四国独特のポコポコした山並みが。

おお、香川に来たぞー。

 

 

高松では

かわいい子どもたちと帽子作り。

 

B3.jpg

 

 

 

 

B2.jpg

 

 

 

B1.jpg

 

 

そして、

何度も呼んでいただいてる文庫連の方々にお会いできて

とても楽しい時間を過ごす。

香川の文庫連の方々はもう身内のような存在。

 

翌日は、小豆島。

 

hune.jpg

 

 

以前ワークショップをさせてもらった懐かしい場所

そして、絵本作家を次々に小豆島に呼び続ける張本人の諸石さん。

懐かしい場所、懐かしい顔。

 

土庄こども園の

ものすっごく元気は子どもたちと過ごして

エネルギーをもらった後は

 

瀬戸内芸術祭の参加作品を見ることができた。

 

 

見事な棚田の一番下に

竹を編んでできたドーム

 

take_outout4.jpg

 

 近くによると、ファンタジーの世界に来たような

本当に素敵な構造物。

 

take_out2.jpg

 

 

連れて行ってくれた諸石さんのあとを追って中に入る

 

take_out3.jpg

 

 中は木漏れ日のドーム。

 

take_in1.jpg

 

 

 

そして、子どもたちが興奮して走り回っているのがかわいい!

 

take_in3.jpg

 

子どもは飛び跳ね、

大人は寝転んで。

 

take_in4.jpg

 

見上げた天井は光の粒の乱舞。

 

take_inTenjyou.jpg

 

 

 

 

take_in2.jpg

 

 

 

 

take_in5.jpg

 

帰りは狭いトンネルを抜けてい外へ

 

take_inTonnel.jpg

 

 

 

take-outouto1.jpg

 

 

 

take_outout2.jpg

 

 

 

take_out1.jpg

 

 

あー、素敵なものを見られて良かった!

 

瀬戸内芸術祭、もう一度家族で行きたい。

 

追伸、

今回、念願の福岡うどんと讃岐うどんの食べ比べが出来た。

唇で切れそうなぐらい柔らかい驚きの福岡うどん!(ごぼう天入り)と

コシがあってツルッ、しこしこ!と食べる讃岐うどん。

どっちもすごく美味しくて、存分に堪能したのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



今月末に発売される新刊『あなたがおとなになったとき』を記念して

湯本香樹実さんと僕とでトークイベントをさせてもらうことに。

 

06-07400.jpg

 

 

 

 

24-25G400.jpg

 

 

二人で作った新刊『あなたがおとなになったとき』の話を中心に

湯本さんからいろんな話が聞けるのを楽しみ。
インタビューを受けることさえ珍しいという湯本さんがきていただける本当に稀有な機会、

皆さんご参加を。

 

 

08-09G400.jpg

 

 

 

 

22-23G400.jpg

 

チケットは3,132円!

ちょっと高いと思いきや
新刊絵本『あなたがおとなになったとき』付き!
しかもコーヒー、紅茶おかわり自由。
それぞれ新刊絵本を手元で見ながらのひと時。

もちろん希望されればサインを。

 

詳しくはこちら→CLICK

 

anataga_event3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


山形県の川西町で帽子作りのワークショップをします

投稿者 koshirohata 日時 2019年6月28日

2019.6.28

 

 

 

 

 

 

山形県東置賜郡川西町でワークショップをします。
お父さんもお母さんもおじいちゃんもおばあちゃんも全員参加の帽子作りのワークショップです。

お近くの方ぜひどうぞ。
楽しい時間にしたいと思います。

若干名、余裕があります。

参加ご希望の方 →0238-46-3311 はたこうしろうワークショップ実行委員会まで

詳しくはこちらへ→川西町フレンドリープラザ情報サイト

 

011x.jpg

 

場所:川西町フレンドリープラザ

   フレンドリープラザロビー
時間:7月6日 

   午後1時30分時〜3時

参加費:500円

    ハサミを持参してください。

 

15561004200.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 


オリジナルTシャツ

投稿者 koshirohata 日時 2019年6月22日

2019.6.22

 

 

 

 

ある日、息子が「自分の絵のTシャツを作りたい」と言って来た。
「Tシャツ作るのって高いんやぞ」

そういうと、

「結構安いとこあるねんて」と息子。

ほんまかいな、と僕。

しかしネット検索すると

 

びっくり!!

 

安いではないか、しかも1着で!

なぜなら、なんとTシャツ用のインクジェットプリンターがあるのだ。

それで1着でも安くできるのだそうだ。

 

で、どうせ男子中学生、毎年服のサイズが変わるから

毎年服を買わないといけないのだし

買うのと変わらない値段だし

息子のデザインで作ってみた。

 

 

「「よぉ!」Tシャツ

kiteru600.jpg

 

 

作ってみたら生地も悪くない。

じゃあってことで

息子のデザインでもう少し作った。

 

「「よぉ!」黒バージョン

T2B.jpg

 

 

「楽」Tシャツ

T3B.jpg

 

 

「はばたけ」

T1B.jpg

 

 

 

 

「歯っ」Tシャツ

T4B.jpg

 

 

「なんで?」っていうデザインだが
なんか面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


柏葉紫陽花

投稿者 koshirohata 日時 2019年6月8日

2019.6.8

 

 

 

東京も昨日から梅雨入り

庭のアジサイたちが

「いよっ!待ってました」

とばかりに元気になった。

 

 

kasiwaba1B.jpg

 

 

 

 

一昨日の日照りで、

葉をぐったり垂れてゼイゼイ肩で息をしていたのに

今日は「イエーイ!」と声が聞こえそう。

 

 

kasiwaba2B.jpg

 

 

 

 

 

 kashiwaba4B.jpg

 

 

前庭のカシワバアジサイ

先月のヒョウで葉がボロボロになったけど

ちゃんと咲いた

 

 

kasiwaba3B.jpg

 

 

平べったい花びら(ガク?)が

まるで水に浮かんでるよに並んでいて

その上をポンポンと跳ねて渡っていければ

きっと楽しいだろうなと、しばし空想する。

 

 

このカシワバアジサイ

毎年うちは剪定が甘く、

どんどん大きくなって

ついに今年は僕の背を越して

巨大な塊に、

ああ…。

 

kashiwaba7B.jpg

 

向こうのセイヨウヤマボウシ

6メートルを超えたので

先日だいぶ剪定したのだが

まだまだ切らねばならぬ。

 

 剪定した花を

嫁さんは、

「せっかく咲いてるのに今切らんでも」と

部屋に少し持って入って飾った。

 

yamaB.jpg

 

 

yama2B.jpg

 

 

 

 

裏庭のアナベル

今年は花の数が多いからだろうか

花が小ぶりだ

 

tamaB.jpg

 

 

siroB.jpg

 

 

青いアジサイは

好奇心いっぱいで

塀の外をみんなで眺めている

 

aoB.jpg

 

 

 

花が終わったら今年こそしっかり剪定して

カシワバアジサイを小さくして

アナベルを大きい鉢植えにして前庭に持っていきたい。

 

でないと、前も裏もアジサイに占領されて

ミントもパセリもバジルもルッコラも

ローズマリーでさえ

ほんと、ちっちゃくなっちゃってるのだ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


『なつのいちにち』のインタビュー記事

投稿者 koshirohata 日時 2019年6月6日

2019.6.6

 

 

朝日新聞のウェブサイト「好書好日」で

絵本「なつのいちにち」のインタビューを受けた。

 

 写真をCLICKで↓リンクします

kousyokoujitu.jpg 

 

出版されて15年ほど

息子の誕生とともに生まれた本

今も、僕の支えとなってくれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics