絵本『どしゃぶり』ができた。

投稿者 koshirohata 日時 2018年6月13日

2018.6.13

 

 

新刊絵本ができた。

アトリエの机で

夢中で描き続ける、色つけの二週間ほどは

とても幸せな時間だ。

 

電話は取らない。

チャイムも無視。

面倒なマスキングの作業も集中してやり遂げる。

 

 

coverS.jpg

 

 

この絵本は、

土砂降りの雨の中で遊ぶ男の子の

ほんの数分の出来事だけれど

この短い時間は、一生記憶に生き続けるはず。

 

パチンッとぶつかる大粒の雨

顔に、手に、肩に打ち付ける

地面の匂い、水の匂い、アスファルトの匂い

 

ばらばらばらっ ばらっ

ずだだだだだだ

じゃばばば ずざあ ずざあ

ざざあ じゃぼ じゃぼ じゃぼ じゃぼ

雨の音。

たくさんの雨の音が弾ける。

和音になり、ハーモニーになって重なり合う音。

 

雨が話しかけてくる。

「よう!」「ちわー!」「元気?」「オレだよ!」

そう言って、肩やおでこを叩いていく。

バチン、パチン、ピタン。

 

 

13_600.jpg

 

そういうことが描きたいなと。

 

 

この本が出来るきっかけは、このブログだった。↓

http://www.koshirohata.net/blog/2016.7.14ame/

 

これを見た編集者が

「これを一冊の絵本にしましょう」

 

ラフを描くうちに、嫁さんに意見を聞いていると

嫁さんから、素敵な言葉やアイデアが出てきて

それなら、文は嫁さんに書いてもらおうと。

そうやって、編集の渡辺さんと僕と嫁さんと

三人で作った絵本。

 

いろんな人が共感してくれるといいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年も、『国立うちわ市』展に参加します。

投稿者 koshirohata 日時 2018年6月6日

2018.6.5

 

 

 

恒例になっている「国立うちわ市」

今年も参加。

参加者は、それぞれに国立市にゆかりがあるそうだ。
僕は、国分寺市民だが、

最寄駅やアトリエは国立ということでずっと参加している。
目玉は何と言っても、村上康成さんと降谷奈々さんだろう。
しかも、一律4000円は破格である。

お二人とも、地域活性化を手伝うお気持ちなのだろう。
降谷さんは、現在スロバキア国籍でありながら、

しかも航空便で作品を送るというのだから。

 

このお二人の作品は、あっという間に売れるので

欲しい方は、初日に並ばれるということ。

これは、モエに載っている告知↓

kokuchi600.jpg

 

 

 

僕は6枚もらったうちわだけど、4枚描いた。

 

shirikiruri600.jpg

 

↑シリキルリスズメダイ

 

 

 

 

sarasahata600.jpg

 

↑サラサハタ

 

 

 

 

dangoB60.jpg

 

↑ダンゴウオ

 

 

 

 

dangoA600.jpg

 

↑ダンゴウオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「ドングリコロ助のいきものさがし」の連載始まる

投稿者 koshirohata 日時 2018年5月25日

2018.5.23

毎日新聞の朝刊で月一の連載が始まった。
タイトルは
「どんぐりコロ助のいきものさがし」

 

CutHp.jpg

 

 

身近にいる生き物の中から

僕の目で
「うーん、なーんか面白いやっちゃなー」

と思った生き物を
毎月季節に合わせて紹介する。

 

 


1回目は「ハマダンゴムシ」

 

4hp600.jpg

 

 

数年前、

夜の海の生き物を見にいこうって

奥山英治さんに誘われて房総の港や浜にいった。

その夜、

ハマダンゴムシの集団を見た時の衝撃は忘れられない。


昼間は、砂浜を掘るとポチポチと丸まったダンゴムシが出てくる。

夜行性なので、お休み中だ。
目が可愛くて「すげーかわいいー」なんて言って

同行の遊野くんと喜んでいた。

見つける目安は、

満潮時にギリギリ水が来ないあたりの砂の下を
数センチ掘る。

掘るというか払うかんじ。
すると昼寝中のハマダンゴムシが
「おいおい、なんだよ寝てんだよこっちは!」と
眠たそうに動き出す。


その日は、あちこちの港を巡って魚を見た後、

夕飯をすませたら、

こっからが本番ね。

今回のメーンイベント、夜の部の始まり。


ダンゴムシを見た浜に行く。

 

暗闇に前を歩く奥山さんが
突然!


「おおっわっ!」

 

と言いながら振り返り


「ちょっとまって、ちょっと待って、
気持ちを落ち着かせて。
すごいから。ほんとすごいから」

と興奮しつつもすっごく嬉しそう。


 なんだ、なんだ?

見ると、波打ち際にハマダンゴムシの大群!

打ち上げられた、新鮮な海藻に何千何万も集まっている。

 

ダメな人はダメだろうが、

これは見る価値ありまっせ。

 

それで、5月23日に載った二回めは

「ゴホンダイコクコガネ」でした。

 

5hp300.jpg

 

毎日新聞の読者の方、

毎月、第4水曜日に掲載されてます。

 

よろしければ、どーぞ。

 

 

 

 

 

 

 


息子らと川釣りに

投稿者 koshirohata 日時 2018年5月6日

2018.5.6

 

 

 

子どもらを連れて久しぶりの川釣り

ここはGWでも人がいなくて気持ちいい

 

002h.jpg

 

 

 

川に入って

すぐにヒット

今日はいけそう

 

001h.jpg

 

 次々に釣り上げる子どもら

 

「今日は、すごいわ!」

と喜ぶ息子

 

 003h.jpg

 

 

僕は、カメラ持ってウロウロ

 

お、キショウブが自生しているのを発見

 

004h.jpg

 

横から覗くと

雄しべと、ツマグロヨコバイが上下に並んでいて

まるで二段ベット

 

004bh.jpg

 

 

こっちには、エノキに虫コブが整列

011h.jpg

 

 

 

ヘビイチゴも赤くポツンポツン010h.jpg

 

 

子どもらは、お昼ご飯もサッと食べて

すぐに川に入る

釣れると楽しいみたい

005h.jpg

 

 

ポイントを変えると

魚の種類も変わるみたい

ヤマメは分かったが
残念ながら、他の魚の種類はわからない

 

006h.jpg

 

 

お、またヒット

 

007h.jpg

 

 

 

008h.jpg

 

 

今日は、いっぱい釣れてみんな満足そう
ただ、僕が蛇に噛まれるというアクシデントもあった

焼きが回ったか!
黄色いヘビだったので

「おお!これは何だ?」

と焦って捕まえようとしたのがいかんかった。

家で調べたら

多分、アオダイショウのアルビノじゃないかと思う

 

 

 

 


水生生物調査会に

投稿者 koshirohata 日時 2018年5月3日

2018.4.30

 

 

 

 

西多摩自然フォーラムの

横沢入り水生生物調査会に参加。

 

chousa2.jpg

 

 

息子と生き物好きの友達も一緒。

 

 

chousa3.jpg

 

 

みんなで、小さな小川を総ざらい。

 

 

emono1.jpg

 

 

 

 

emono2.jpg

 

 

 

アカガエル

 

kaeru1.jpg

 

 

 

ツチガエル

前はこの辺りには、いなかったカエル

ここ数年、見かけるようになった。

 

kaeru2.jpg

 

僕の育った大阪の高槻市では、

一番多かったのがこのツチガエル

イボガエルって呼んでいて

いっくらでもいた。

踏まずに歩けない道すらあったぐらいいた。笑

東京に来るまで、

ツチガエルって、どこにでも沢山いる超普通種だと思い込んでいたが

全く違っていた。

高槻時代以来だから30年ぶりの再会だ。

おお、懐かしい。

 

よく似たヌマガエルは九州でよく見るが、

このツチガエルはお腹が白くなのですぐわかる。

 

 

ami1.jpg

 

「今年は参加者が多すぎて、ちょっと薄味やな」

と、息子。
すかさず寄り道し始めた。

 

なんか、見つけたようで、網を振るが…

ami2.jpg

 

タモじゃ、上手くいかずに

「あー、あかんかったわー」

 

ami3.jpg

 

 

寄り道はさらに続き。

 

yorimichi4.jpg

 

 

イモリ、ゲット。

ヤゴもゲット。

 

yorimichi6.jpg

 

 

 

yorimichi2.jpg

 

 

 

トウキョウサンショウウオの卵の殻。

もう中は空っぽ。

拾うと、くしゃくしゃに。

 

yorimichi1.jpg

 

オトシブミのゆりかご。

 

otoshibumi5.jpg

 

 

佐久間隊長が蛇を見つけたので

息子たちを呼ぶと

二人とも大喜びで走ってきた。

 

hebihiba2333.jpeg

 

息子「何ヘビ?」

僕「アオダイショウの子どもかな?」

息子の友達Kちゃん「 ヒバカリだと思う」

僕「ヒバカリって、こんなに大きくなったっけ?」

そこに動物カメラマンのユウヤくん登場

「ヒバカリだよ」

 

Kちゃんすげー詳しい!

「ヒバカリの名前の由来は、

昔、猛毒持ちだと勘違いされていて

噛まれるとそのひばかりからきてる」

Kちゃんすげー詳しい!

 

 

hebihiba1.jpg

 

 

その後、さらに五十嵐氏が

シロマダラヘビを見つけたそうで

見せてもらう。

これは、ほんと珍しい。

人生2回目。

 

hebisiro2.jpg

 

 

 

hebisiro1.jpg

 

しかし

この二人は触れないものはないようだ。

ヨシヨシ。

 

 

 

 

 


嫁さんのエッセイ集『こどもスケッチ』

投稿者 koshirohata 日時 2018年4月28日

2018.4.28

 

 

 

おーなり由子(嫁)の新刊本が出来た。

カラーのスケッチ画が、たくさん入った贅沢なエッセイ集になった。

 

コドモエに連載していたものに加筆、
さらに絵はほとんどが描き下ろしなのだ。

 

 

 hyo350.jpg

 


毎日、笑って、泣いて、発見があって。驚くばかりの日々。
読むと自分の家族のことなので、ものすごく共感する(当たり前だ)
でも、

子育てを経験した人なら、きっと、

同じように笑って、泣いて、右往左往した日々を思い出してくれると思う。

手前味噌かもしれないけど

そんな、親の気持ち、母の気持ちが

たくさん、たくさん詰まった本だ。

 

 

11h.jpg

 

 

 

 

02h.jpg

 

 

僕は写真とデザインを担当。

 

 

03h.jpg

 

 

 

04h.jpg

 

 

 

06h.jpg

 

 

読んで、見て、家族のことをゆっくりと想いながら過ごせる本。

 

カバーを外した表紙と、見返しには、

彼女のスケッチブックからスキャンした線画をいっぱい並べた。

 

07sh.jpg

 

08sH.jpg

 

 

 

だいぶ前に描いたものや、幼稚園にスケッチしに行ったものなどいろいろ。

 

 

12h.jpg

 

 

 海の絵や、近所の電車。なつかしい。

 

 

09h.jpg

 

終わりの章には、

メモのようなものをまとめた「ちびすけメモ」が6ページ。

 

10h.jpg

 

 

ぜひぜひ〜。

 

 

→こちらでも購入できます。Amazon

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


にちようびのぼうけん!

投稿者 koshirohata 日時 2018年4月23日

2018.4.23

 

 

 

 

お兄ちゃんと弟のシリーズの5冊目が出来た。

「虫採り」や、「磯遊び」で生き物とかかわってきた二人だけど
今回は、他の切り口で外遊びの提案をしたかった。

cover400.jpg

 

 

息子が小学1年生の頃、
自分が子どもの頃していた遊びを思い出して、

いろいろと息子たちに教えていた。

 

 

01H.jpg

 

 

その中の一つに、

「絶対に見つかってはいけない!ゲーム」というのがある。
よく、横断歩道の白い線だけを踏むとか、
タイルの目地を踏まずに歩くとか、
色々と縛りを作って移動するのは誰でもしたことがあるだろう。
その中でも、すごく好きだったのが

この、誰にも見つからずに決めた場所まで行く遊び。

 

02H.jpg

 

やってみると、これがなかなかスリル満点。


とにかく、どこで人が現れるかわからないので

次に隠れる場所を、考えて、素早く移動して、また隠れる。

「今だ!」と思って勢いよく飛び出した瞬間に
角から人が現れて

「ぎゃー!」

ということは、よくあって大変なのである。

息子に教えると案の定、すぐ夢中になった。
そして、友達とも一緒にやっていたようだ。

 

03H.jpg

 

この遊び、僕が考えたのか、兄に教えてもらったのか定かではない。

ルールも勝手に自分で変更したりして遊んでいた。


例えば、

車とオートバイはセーフ。

麻酔銃で打てばセーフ。ただし、玉は5発まで。(もちろん架空の銃ね 笑)
途中アウトしても3回まで復帰可能。

などなど。自分が考えたゲームなので勝手気ままにルールを変更するのである。

 

 

04H.jpg

 

 

このルール変更は、

どうも、息子たちもやっていたようで

銃の玉は、仲間内でシェアできるとか
年下の子どもに見つかってもセーフとか。

いろいろと考えるものだ。

 

05H.jpg

 

 

このゲームが面白いのは

普段毎日見ている街の風景が全く新鮮に見えることだ。

やってみると、本当にスリルがあってドキドキする。

 

交通事故の心配はない。

いつも周りを注意して見るからだ。

追加ルールと共に、ぜひ日本中の子どもたちにやって欲しい。

 

いつか、街角で

一人で電柱に隠れている子に会ってみたい。

もし、銃で打たれたら、やられた演技をしてあげる。
大阪人やし。

 

 

 

 07H.jpg

 

 

 

 

 

 

 


めずらしく夫婦で講演会をします。

投稿者 koshirohata 日時 2018年1月22日

2018.1.16

 

 

今日は東京も雪。

空は「まだまだ降るぞー」とやる気満々のようす。

 

yuki.jpeg

 

 

さて、来月の2月4日、本当にめずらしく夫婦(おーなり由子と)で講演会。

松本市にある、子どもの本専門店「ちいさいおうち」の越高さんに

夫婦で呼んでもらった。

 

すでに定員オーバーだそうで、お知らせが遅くなってすみません。

 

 松本は大好きで、結婚して初めて行った旅行も松本。

もう何度言ったかわからないぐらい。

2月の松本の景色を見るのが楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 


2018年 あけましておめでとうございます。

投稿者 koshirohata 日時 2018年1月1日

2018.1.1

 

 

 

 

新年、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

 

戌年



syougatsu1_5.jpg

 

 

 

 

 

syougatsu5_5.jpg

 

あれ、猫。

 

 

syougatsu2_5.jpg

 

こっちは、ちゃんと犬。
息子の盛り塩。上手になった。

 

 

 

syougatsu4_5.jpg

 

ここには、福獅子。

 

 

syougatsu3_5.jpg

 

今年は玄関に餅花を。
来年は、作ってみようかな。

 

 

今年が、いい年になりますように。

         はた こうしろう

 

 

 

 

 

 

 

 

 


クリスマスにうれしいメール

投稿者 koshirohata 日時 2017年12月27日

2017.12.25

 

 


思わぬクリスマスプレゼント。
おじさんになってもサンタさんが来てくれた。

 

先日のクリスマス。
前日のイブからメールチェックしてなくて

メーラー開くと、
数本のメールの中に、

福音館書店「たくさんのふしぎ」の編集者のK氏からメール。


見れば、なんと…

「わたしたちのカメムシずかん」が、ジュンク堂盛岡店の児童書部門で、
年間売り上げ1位になったのだという。

 

「ほんとか?

 ほんとなのか?」

 

添付ファイルの写真を見る。

 

 

kamejunk1.jpg

 

 

 

 

うお!(魚!)ほんとだ。

さかなクン風に言えば「ギョギョギョでギョざいますー!」である。

しかも、

「ハリーポッター」
「ざんねんないきもの辞典」
「かいけつゾロリ」をおさえてのまさかの1位。

 

岩手県の地元の話とはいえ、快挙だろう。
それにしても素敵なお話に巡り会えて良かった。
鈴木海花さん、担当Kさんありがとうございます。

 

 

 

うれしいので拡大しておこう。

 

kamejunk2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


みつこ絵日記 週めくりカレンダー2018

投稿者 koshirohata 日時 2017年11月13日

2017.11.13

 

 

 

家族全員「みつこ絵日記」ファン。

来年の「みつこ絵日記 週めくりカレンダー」がやってきた。

 

 

mitu1b.jpg

 

 

 

 

mitu5b.jpg

 

めくるたびに、

クスッと笑えて、

「あぁ、わかるわかるその感じー」としみじみ。

 

mitu6b.jpg

 

 

 

 

mitu9b.jpg

 

 

 

 

mitu4b.jpg

 

 

 

 

mitu3b.jpg

 

 

最後に使用例まで載っている。

 

mitu2b.jpg

 

 

欲しい方はこちら→「みつこ絵日記HP」

に扱ってるお店が載っておる。

 

ネット通販で欲しい方はこちらの→「ウレシカ」さんのサイトで買えるぞよ。

 

 

カレンダーは2018年も

「応援カレンダー」と「みつこ絵日記週めくりカレンダー」で決まりであーる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年も鳥取県、倉吉幼稚園でワークショップ

投稿者 koshirohata 日時 2017年11月13日

2017.11.7~10

 

 

 

 

毎年この時期に行く倉吉幼稚園。

倉吉弁を聞くと懐かしい気持ちに。

すっかり馴染みの街になった。

 

今年も、4クラスそれぞれ年齢に合わせたワークショップをする。

この幼稚園の子どもたちは、

明るくて、元気で何にでも積極的!

一歳ぶん大きくなった子どもたちの懐かしい顔。

 

 

まずは、

2歳児クラス

初めての絵の具体験。

おそるおそる紙コップやブロックで判子遊び。

だんだん大胆になって、ポンポンポン。

そのうち

「手でやってもいいの」って。
「もちろん、いいよ!」

 

002.jpg

 

 

 

 

001.jpg

 

 

 

 4歳児クラスはトンガリ帽子

 

003.jpg

 

 

 帽子だけじゃ物足りないと、爪も作っちゃった。

 

004.jpg

 

 

 

3歳児クラスは動物作り。

 

005.jpg

 

 

 

さぁ、できたら外に連れて行こう!

 

005a.jpg

 

 

動物たちの行進。
全部新種、全部一族一種。

 

005c.jpg

 

 

 

 

5歳児クラスは等身大の自分の絵。

自分も知らない自分の絵。

 

006.jpg

 

 

 

 

 

007.jpg

 

 

 

 

 

 

016.jpg

 

 

 

 

 

015.jpg

 

 

 

 

 

 

014.jpg

 

 

 

 

 

 

013.jpg

 

 

 

 

 

 

012.jpg

 

 

 

 

 

 

 

011.jpg

 

 

 

 

 

 

 

010.jpg

 

 

 

 

 

 

 

009.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

008.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics