花火、2018

投稿者 koshirohata 日時 2018年9月2日

2018.9.2

 

 

 

8月の終わり、今年も子どもらが集まって花火。

それぞれスケジュールがあって

なかなかたくさんで集まれないのだけれど、

夏休みの終盤にはさすがに子どもらのスケジュールが全員揃う。

 

minna2.jpg

 

なんとなく毎年の恒例となっている

うちの前での花火大会。

 

minna1.jpg

 

 

全員小学校の時の仲間たち

今は4つの中学に別れているけれど
毎年、息子は必ずみんなを誘って夏休みの終わりの夜を過ごすのだ

 

koha2.jpg

 

今年は、紅一点Kちゃんが参加!
女子がいると断然雰囲気が柔らかくなる
男子たちも去年の馬鹿騒ぎと違う
Kちゃん効果は絶大だ

koha1.jpg

 

 

 

ネズミハナビ

最後にパーン!って鳴るので

大人はヒヤヒヤ

ご近所が優しい方ばかりでよかった

 

nesumi1.jpg

 

nezumi2.jpg

 

 

 

 

ドラゴン系も色々

 

dragon3.jpg

 

dragon2.jpg

 

dragon1.jpg

 

 

 

これは、福岡で買った鯨の形をした
見た目も素敵な花火↓

 

kujira1.jpg

 

火をつけると

 

kujira3.jpg

 

kujira2.jpg

 

カッコイイ!

また九州に行く時は、これを買おう

 

 

 

打ち上げ花火↓

uchiage.jpg

 

 

 

 

最後は線香花火

 

senko3.jpg

 

大事に、大事に

 

senko2.jpg

 

 

senko1.jpg

 

 

少し残った線香花火で、

車座になって山手線ゲーム

 

花火が無くなっても

しばらくおしゃべりがとまらない

 

 final.jpg

 

中学2年の夏休み
いつか、思い出にかわる
中学2年の夏休み

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ハス池でクルーズ

投稿者 koshirohata 日時 2018年8月25日

2018.8.25

 

 

 

蓮池クルーズ。
先日(8月19日)の佐賀で早朝に集まって船に。

ピピンの岩永さんのお兄さんがガイドをして
蓮の池に船を出してくださるというので
家族で乗せていただいた。

 

010x.jpg

 

 

 

 

 

009x.jpg

 

 

 

 

 

 

005x.jpg

 

 

 

 

低いアングルから見る蓮の景色は
まるでジャングルのようでもあり、
また、体が小さくなって
ナスタチウムの群生に紛れ込んだようでもありました。

 

008x.jpg

 

 

 

7月には花がもっと満開だったそうだが
まだあちこちに咲く白やピンクの蓮の花は
確かに極楽を想像させる。

 

 

 

007x.jpg

 

 

 

ガイドさんが、ハスの葉を一枚ちぎってくれた。
かぶると、スーッと気温が下がって涼しい。
そしていい香り。空気が澄んだように感じる。

写真は息子がかぶっている様子。

 

 

 

006x.jpg

 

 

 

 

 

004x.jpg

 

 

 

 

 

003x.jpg

 

 

 

 

 

 

002x.jpg

 

「佐賀って何にもないんですよ」

なんて、口を揃えて言っていたけど
楽しいところだった。
息子は博物館や維新展、バルーンミュージアムにも行って
「全然、何にもないことないやん。めっちゃあるやん」と。
また佐賀に行けたら、吉野ケ里公園と有明海の干潟を見てみたい。

息子は、友達のお土産に、小島さんちのチイちゃんに教えてもらった
ワラスボのエイリアンラーメンとエイリアンドリンクを
「ウケるー」といくつも買っていた。

 

ちなみに
家でエイリアンラーメンを試食した息子。

緑色のスープで一瞬ひるんだが、

食べたら「あ、美味しい!」だって。

 

 

 

 

 

 

 


佐賀で帽子のワークショップ

投稿者 koshirohata 日時 2018年8月24日

2018.8.23

 

 

 

8月19日

子どもの本屋ピピンさんに呼んでもらって

佐賀市でワークショップ。

 

 

001x.jpg

 

 

 

 

 

002x.jpg

 

 

 

佐賀の子どもたちも個性的で、素敵な帽子を次々に作成。

さらに大人もノリノリで参加で

子どもに負けない作品を作ってくれた。

 

 

012x.jpg

 

 

 

 

 

010x.jpg

 

 

 

 

011x.jpg

 

 

 

 

 

009x.jpg

 

 

 

 

 

008x.jpg

 

 

 

 

 

007x.jpg

 

 

 

 

 

006x.jpg

 

 

 

 

 

005x.jpg

 

 

 

 

 

 

003x.jpg

 

 

 

9月30日には、千葉県船橋市の図書館でお話会(子供向け)

10月27日には、神奈川県横須賀市でワークショプ(大人+子ども)とお話会(子供向け)

11月10日は、滋賀県栗東市でお話会(子供向け)をします。

 

 

 

 

 

 

 


小値賀島2018ー海

投稿者 koshirohata 日時 2018年8月23日

2018.8.23

 

 

 

今年も、五島列島の小値賀島に。

この島で夏を過ごすのも、

これで4年目。

それでも、やっぱりきれいな海、美味しい食べ物、

この島の魅力は衰えない。

 

P7280179.jpg

 

 

 

 

P7250092.jpg

 

 

 

 

P7250096.jpg

 

 

 

 

P7250067.jpg

 

 

 

 

umi2.png

 

 

 

 

umi.png

 

 

 

 

 

P7250069.jpg

 

 

 

 

 

 


中津川えほんジャンボリー

投稿者 koshirohata 日時 2018年8月10日

2018.8.10

 

 

2012年に参加せてもらった「中津川えほんジャンボリー」が
今年で10周年だそう。
中心になっている村上康成さんから、
その10周年記念の回の写真を送っていただいた。

 

 

nakatugawa1.jpeg

 

 

 

写真は
今まで、ゲストと子どもたちが描いたのぼり旗を
一斉に立てた様子。
風に吹かれているのぼり旗のカッコいいこと!
僕の回の旗も良い感じにはためいている。

 

 

nakatugawa2.jpeg

 

村上康成さん、

あべ弘士さん

中川ひろたかさん

高畠純さん

川端誠さん

広松由希子さん

長谷川義史さん

 

そうそうたるメンバーに挟まれて

とってもうれしい。

 

すてきな街と楽しいイベントで
もう一度、行きたいと思いつついつも行けてないのだけど
またかならず訪れたいと思う。

 

オフィシャルHPはこちら↓

http://nakatsugawaej.blog.fc2.com/

 

 

 

 

 

 


ジブリ美術館、そして「コクリコ坂から」

投稿者 koshirohata 日時 2018年7月4日

2018.7.4

 

 

先日、ジブリ美術館に行って来た。

 

giburi2.jpg

 

 


ずっと、行きたいと思っていたけど
予約を取るのが面倒だったのだ。
子どもと行くとなると土日だが、
それはもう、気合入れないと予約は難しくて、
ついつい行きそびれていた。

 

 

giburi4.jpg

 

 


そこに
去年、ジブリ美術館の図書室の定期冊子に
短い文章を頼まれて書いたおかげで
「毛虫のボロ」の試写券を送っていただいた。
おかげで美術館全体も楽しめることになったのだ。

 

giburi3.jpg



館内の写真は撮れないが、
内容はすっごく面白かった。
そのまま絵本になるんじゃいかって思うほど素敵なイメージボードや
背景画が無造作に押しピンで止められていたり、
アニメーションができていく過程がわかるような展示があったりと
堪能できる美術館だった。

 

giburi5.jpg

 


もちろん短編映画「毛虫のボロ」は、
ミクロの世界を驚くべき表現で映し出していて圧倒された。
もう一度見たいと思ったけど、
見られるのは一回きり!

 

giburi1.jpg

 


余談だが、
美術館に「図書室」があって、
ジブリ関係の本や宮崎氏の推薦図書が置いてあって買うことができる。
色々と物色していると、
おっ!
その中に、僕が挿絵を描いた岡田淳さんの「きかせたがりやの魔女」が面出ししててあった。
他にも岡田さんの本はいくつもあって、
岡田純さんが宮崎氏のお気に入りの作家であることがわかる。

さて、その図書室で買ったのは
これ、

 

kokuriko1.jpg


「コクリコ坂から」のムック。

僕はこの映画が好きだ。
宮崎駿氏の映画はもちろん好きだけど、
この「コクリコ坂から」は
人の気持ちの動きが、本当に上手に、細やかに描かれている。
そして何と言ってもその描かれている時代が魅力的だ。

 

kokuriko2.jpg


ちょうど、この映画の1963年は僕が生まれた年。
でも今では、街並みも学校も人も、ファンタジーの世界に見える。
ああ、こんなに質素でゆったりとして豊かな時代だったんだなと、
うっとりと見てしまう。
宮崎吾朗氏の力のすごさを見せつけられた。

 

ムックの中の吾朗氏のイメージボードもいいなぁ。

 

dvd.jpg

ブルーレイディスクも買ってしまった。


おまけ

美術館で飲んだ風の谷ビール


beer1.jpg



 

 

 

 

 

 


遠野物語「でんでらの」

投稿者 koshirohata 日時 2018年6月29日

2018.6.29



以前は、
まさか、自分が京極夏彦さんと絵本を作るとは
考えもしなかった。

しかし、今はこのタイミングで、
この仕事をすることは
ごく自然な感じがするのである。

 

 

cover250.jpg

 


実は数年前から、
絵を描き終えて、描いた絵を見返してると
なんか、自分一人で描いた気がしないようになって来た。
描いてる時は、夢中なので感じないのだが
あとで、
これは誰かと一緒に相談しながら描いたような
後ろの誰かにアドバイスされながら描いたような
そんな感覚を持つようになった。

 

10_L.jpg

 


すると、そのうち
少し具体的な感じになって来て
描いているときにも、誰かに誘導してもらっているようになり
さらには、こっちからも相談に乗ってもらう感じになり
絵を描きながら
「頼みますよー」なんて祈りつつ
あてにするようになって来た。

 

 

 

2_L.jpg

 


最近では、
目に見えない絵描きたちが、
何人もやって来てる感じがして
いろんなタイプの絵描きが入れ替わり来てるんだなーとさえ、
わかるようになって来た。

仕事では、もうすっかり、あてにしている状態である。

まあ、勝手な想像かもしれないのだけど。

 

 

1_L.jpg

 

 


さてその後、ある同業者にその話をすると
「そんなの当たり前、絵を描く時はいつもそう。
私は”イタコ描き”って呼んでる」
そう言われて、
ああ、やっぱこういう人多いんだなとホッとした。

それにしても『イタコ描き!』とは上手いこと言うものだ。

嫁さんに言うとやはり、
「そうそう、そんな感じ
でも上手い言い方やね」
と笑っていた。

そしてそんなタイミングに
「じゃ、そろそろ、やってみるか?」と言われるように
この遠野物語の話がやって来たのである。



こちらでも購入できます
→amazon

 

 

 

 

 


『きれいな色とことば』が講談社文庫になりました。

投稿者 koshirohata 日時 2018年6月22日

2018.6.22

 

 

 

 

おーなり由子のエッセイ集

『きれいな色とことば』が講談社文庫で発売された。

 

 H2_600.jpg

 

 

単行本と新潮文庫で書籍化されていた作品が
ほとんどのイラストを新しく描き下ろして

さらに、贅沢にイラスト全ページカラー!

すっかり生まれ変わって再登場。

 

 

01aruhishiru600.jpg

 

 

この中の「水のようなひと」というエッセイは

中学3年生の国語の教科書に掲載されているので、

今の、中学生や高校生は知っているひとも多いはず。

 

 

02tamatama600.jpg

 

 

 

03ao600.jpg

 

 

僕は、カバー、本文ともにデザインを担当した。

 

印刷所の方もすごく粘って、粘って、

きれいな色を出してくれたおかげで

本当にきれいな本ができた。

 

 

こちらでも購入できます↓

amazon『きれいな色とことば』

 

 

04te600.jpg

 

 

 

 

 

05keshiki600.jpg

 

 

 

 

 

 

06ironoki6.jpg

 

 

 

 

 

 

07daidai600.jpg

 

 

 

 

 

 

 

08mahura600.jpg

 

 

 

 

 

 

09yorumado6.jpg

 

 

 

 

 

 

10tori_color600.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 


絵本『どしゃぶり』ができた。

投稿者 koshirohata 日時 2018年6月13日

2018.6.13

 

 

新刊絵本ができた。

アトリエの机で

夢中で描き続ける、色つけの二週間ほどは

とても幸せな時間だ。

 

電話は取らない。

チャイムも無視。

面倒なマスキングの作業も集中してやり遂げる。

 

 

coverS.jpg

 

 

この絵本は、

土砂降りの雨の中で遊ぶ男の子の

ほんの数分の出来事だけれど

この短い時間は、一生記憶に生き続けるはず。

 

パチンッとぶつかる大粒の雨

顔に、手に、肩に打ち付ける

地面の匂い、水の匂い、アスファルトの匂い

 

ばらばらばらっ ばらっ

ずだだだだだだ

じゃばばば ずざあ ずざあ

ざざあ じゃぼ じゃぼ じゃぼ じゃぼ

雨の音。

たくさんの雨の音が弾ける。

和音になり、ハーモニーになって重なり合う音。

 

雨が話しかけてくる。

「よう!」「ちわー!」「元気?」「オレだよ!」

そう言って、肩やおでこを叩いていく。

バチン、パチン、ピタン。

 

 

13_600.jpg

 

そういうことが描きたいなと。

 

 

この本が出来るきっかけは、このブログだった。↓

http://www.koshirohata.net/blog/2016.7.14ame/

 

これを見た編集者が

「これを一冊の絵本にしましょう」

 

ラフを描くうちに、嫁さんに意見を聞いていると

嫁さんから、素敵な言葉やアイデアが出てきて

それなら、文は嫁さんに書いてもらおうと。

そうやって、編集の渡辺さんと僕と嫁さんと

三人で作った絵本。

 

いろんな人が共感してくれるといいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


今年も、『国立うちわ市』展に参加します。

投稿者 koshirohata 日時 2018年6月6日

2018.6.5

 

 

 

恒例になっている「国立うちわ市」

今年も参加。

参加者は、それぞれに国立市にゆかりがあるそうだ。
僕は、国分寺市民だが、

最寄駅やアトリエは国立ということでずっと参加している。
目玉は何と言っても、村上康成さんと降谷奈々さんだろう。
しかも、一律4000円は破格である。

お二人とも、地域活性化を手伝うお気持ちなのだろう。
降谷さんは、現在スロバキア国籍でありながら、

しかも航空便で作品を送るというのだから。

 

このお二人の作品は、あっという間に売れるので

欲しい方は、初日に並ばれるということ。

これは、モエに載っている告知↓

kokuchi600.jpg

 

 

 

僕は6枚もらったうちわだけど、4枚描いた。

 

shirikiruri600.jpg

 

↑シリキルリスズメダイ

 

 

 

 

sarasahata600.jpg

 

↑サラサハタ

 

 

 

 

dangoB60.jpg

 

↑ダンゴウオ

 

 

 

 

dangoA600.jpg

 

↑ダンゴウオ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


「ドングリコロ助のいきものさがし」の連載始まる

投稿者 koshirohata 日時 2018年5月25日

2018.5.23

毎日新聞の朝刊で月一の連載が始まった。
タイトルは
「どんぐりコロ助のいきものさがし」

 

CutHp.jpg

 

 

身近にいる生き物の中から

僕の目で
「うーん、なーんか面白いやっちゃなー」

と思った生き物を
毎月季節に合わせて紹介する。

 

 


1回目は「ハマダンゴムシ」

 

4hp600.jpg

 

 

数年前、

夜の海の生き物を見にいこうって

奥山英治さんに誘われて房総の港や浜にいった。

その夜、

ハマダンゴムシの集団を見た時の衝撃は忘れられない。


昼間は、砂浜を掘るとポチポチと丸まったダンゴムシが出てくる。

夜行性なので、お休み中だ。
目が可愛くて「すげーかわいいー」なんて言って

同行の遊野くんと喜んでいた。

見つける目安は、

満潮時にギリギリ水が来ないあたりの砂の下を
数センチ掘る。

掘るというか払うかんじ。
すると昼寝中のハマダンゴムシが
「おいおい、なんだよ寝てんだよこっちは!」と
眠たそうに動き出す。


その日は、あちこちの港を巡って魚を見た後、

夕飯をすませたら、

こっからが本番ね。

今回のメーンイベント、夜の部の始まり。


ダンゴムシを見た浜に行く。

 

暗闇に前を歩く奥山さんが
突然!


「おおっわっ!」

 

と言いながら振り返り


「ちょっとまって、ちょっと待って、
気持ちを落ち着かせて。
すごいから。ほんとすごいから」

と興奮しつつもすっごく嬉しそう。


 なんだ、なんだ?

見ると、波打ち際にハマダンゴムシの大群!

打ち上げられた、新鮮な海藻に何千何万も集まっている。

 

ダメな人はダメだろうが、

これは見る価値ありまっせ。

 

それで、5月23日に載った二回めは

「ゴホンダイコクコガネ」でした。

 

5hp300.jpg

 

毎日新聞の読者の方、

毎月、第4水曜日に掲載されてます。

 

よろしければ、どーぞ。

 

 

 

 

 

 

 


息子らと川釣りに

投稿者 koshirohata 日時 2018年5月6日

2018.5.6

 

 

 

子どもらを連れて久しぶりの川釣り

ここはGWでも人がいなくて気持ちいい

 

002h.jpg

 

 

 

川に入って

すぐにヒット

今日はいけそう

 

001h.jpg

 

 次々に釣り上げる子どもら

 

「今日は、すごいわ!」

と喜ぶ息子

 

 003h.jpg

 

 

僕は、カメラ持ってウロウロ

 

お、キショウブが自生しているのを発見

 

004h.jpg

 

横から覗くと

雄しべと、ツマグロヨコバイが上下に並んでいて

まるで二段ベット

 

004bh.jpg

 

 

こっちには、エノキに虫コブが整列

011h.jpg

 

 

 

ヘビイチゴも赤くポツンポツン010h.jpg

 

 

子どもらは、お昼ご飯もサッと食べて

すぐに川に入る

釣れると楽しいみたい

005h.jpg

 

 

ポイントを変えると

魚の種類も変わるみたい

ヤマメは分かったが
残念ながら、他の魚の種類はわからない

 

006h.jpg

 

 

お、またヒット

 

007h.jpg

 

 

 

008h.jpg

 

 

今日は、いっぱい釣れてみんな満足そう
ただ、僕が蛇に噛まれるというアクシデントもあった

焼きが回ったか!
黄色いヘビだったので

「おお!これは何だ?」

と焦って捕まえようとしたのがいかんかった。

家で調べたら

多分、アオダイショウのアルビノじゃないかと思う

 

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics