神麻績機殿神社

投稿者 admin 日時 2016年5月18日

2016.5.18

 

 

 

 

松阪の海の帰り

不思議な雰囲気の森が見えた。

「古墳かな?」

しばらく行くと、

「あれ。もう一つある」

「なんやろ?」「行ってみよか?」

 

jin.jpg

                          ↑この写真はGoogleマップから

 

近づくと、鳥居。

神社?

 

 

j001.jpg

 

森の中も道が真っすぐ続いている。

 

 

j006.jpg

 

 

鍵型に曲がった先に、社があった。

しかも、この様式は伊勢神宮のものだ!

 

森に守られ、玉砂利がひきつめられたこの空間は、

神聖な空気が流れている感じを受ける。

 

j005.jpg

 

そこに

お!布をまとった少女。

時空と越えてきたのか?

 

j004.jpg

 

いやいや、

姪のしおりちゃんが、海で濡れちゃったので姉のスカーフを巻いてるのでした。

 

j008.jpg

 

隣の息子も赤い布を羽織っていて、

この2人が神社にみょうになじんでいる。

 

さっきから社の中から「カタン、カタン」と音がする。

ちょっと覗いてみよう。

 

j009.jpg

 

 

おお!

宮司さんが機織りしている。なんだなんだ?

 

 

j010.jpg

 

 

j011.jpg

 

 

帰りに社務所でパンフをもらって読んだ。

ここは神麻績機殿神社。(かんはとりはたどの神社)

 

神様の衣を「神御衣」(かんみそ)といって、

伊勢神宮では毎年春と秋、天照大御神に和妙(にぎたえ)と呼ばれる絹と

荒妙(あらたえ)と呼ばれる麻の反物(たんもの)に、

御糸、御針などの御料を添えてお供えする神御衣祭(かんみそさい)が行われるのだそう。

そしてお祭りに先立ち、和妙(にぎたえ)は神服織機殿(かんはとりはたどの)神社、

荒妙(あらたえ)は神麻続機殿(かんおみはたどの)神社のそれぞれの八尋殿(やひろでん)で

奉織(ほうしょく)されるということです。

 

そして、最初に見た森は神麻続機殿(かんおみはたどの神社)だったのだ。

二つの神社はついになっていて、

それぞれ年二回、伊勢神宮で神様にお供えする反物などを織っているということ。

 

それでちょうど、機織りをする時期に当たったので、

機織りシーンを見る事が出来たのだ。

すてきな神社と神事を見られて、とても運が良かった。

 

↓こちらが、そのパンフ。

 

jin2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


割れの美学

投稿者 koshirohata 日時 2016年5月17日

2016.5.17

 

 

 

 

 

 

海で、2日続けてあそぶ子どもら。

まったく飽きる気配を見せない。

 

IMG_1033.jpg

 

完全にのんびりとは出来ない性格の僕は

写真を撮ったり貝を集めたり。

なにか生き物がいないかと、ごそごそしてしまう。

 

P5040571.jpg

 

 

しばらくきれいな貝の選定をして拾っていたのだけれど、

ふと、割れて破損した貝を手のひらにのせてみてみると

なんとも表情があって愛らしいではないか。

 

 

P5040578.jpg

 

 

 

 

 

P5040601.jpg

 

 

きれいな形で残っているより、割れた貝のほうが

ずっと個性があって面白いことに気がついた。

 

 

P5040595.jpg

 

 

それから、僕はきれいな貝ではなくて

割れた貝をみつけては、

「この割れはいいですねぇ。ユーモラスな感じがでている」とか

「この割れ感は、すばらしい。派手ではないが、そこはかとなく哀愁があるね」

などと、心の中で割れた貝の評論をして楽しんでいた。

 

 

P5040592.jpg

 

 

 

 

 

P5040585.jpg

 

 

 

 

 

P5040581.jpg

 

 

 

 

 

P5040620.jpg

 

 

 

 

 

P5040604.jpg

 

 

 

 

 

P5040619.jpg

 

 

みんなで、二つの袋一杯に貝を持って帰った。

姉がグルーガンを持って来てくれて、

子どもらに「貝のリースをつくろう!」と。

台の部分は庭のキウィの蔓を使う。

姉の指導で子どもたちは、

あっという間にリースを完成させた。

 

割れた貝は一つも使われていない。

 

 

IMG_1871.jpg

 

 

 

 

 

 

 


松阪の海で人間の本質を思う

投稿者 admin 日時 2016年5月15日

2016.5.11

 

 

 

5月の連休、

母に会いに松阪へ。

 

麦畑がきれい。

 

m001.jpg

 

 

屋根瓦がスレート葺きに変わってすっきりした印象になった。

みかんの木をばっさり剪定して庭もさっぱり。

父はいないけど母はしっかりと庭を維持してる。

 

 

m002.jpg

 

 

植物が好きだった父の庭の道具や工具がそのまま。

庭には、かろうじて残った盆栽。

 

 

m004.jpg

 

 

さて、

従姉妹のしおりちゃんが大阪から合流して

久しぶりに松阪の海へ。

 

 

u001.jpg

 

 

誰もいなくて気持ちがいい。

 

 

u003.jpg

 

 

 

u002.jpg

 

 

 海にいくと

 子どもたちは、いつだって

波に逆らい、流木を投げ

砂で城をつくっては

迫り来る満ち潮と戦っている。

城壁を高く盛り上げたり 堀を作ったり

もう、必死に。

そして楽しいそうに!

最後は必ず敗北に終わるんだけど、

また少し上のほうに移動すると、嬉々として新しく城をつくりはじめるのだ。

 

 

u004.jpg

 

 

 

 

u007.jpg

 

 そうやって

 いつもの子どもの遊びを見ていて

 「人の本質は、アゲインストネイチャーである」と

河合隼雄が書いていたのを思い出した。

 

若いころ「アゲインストネイチャー」について知った瞬間は、

なんか受け入れがたい気がしたけれど、

考えれば考えるほど、

人は自然に逆らうことが大好きだ。

 

子どもらを見ると、

「ホントだな」と思う。

 

本能的に子どもは自然に逆らうことを遊びにして楽しんでる。

もう笑っちゃうぐらいに。

 

と、ぼんやり考えるのだった。

 

u008.jpg

 

 

 

 

u012.jpg

 

 

 

 

u010.jpg

 

 

 

u009.jpg

 

 こどもの日に海にこられてよかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


嫁さんの作品が中学校の国語の教科書に!

投稿者 koshirohata 日時 2016年5月8日

2016.5.8

 

 

 

嫁さん(おーなり由子)の随筆文が、なんと教科書に使われた。

今年の4月から、中学三年の国語の最初の散文詩として掲載されている。

絵も本人が描いたもの。

 

 

 

001.jpg

 

 

「きれいな色とことば」というエッセイ集の中の「水のようなひと」という文章。

いろいろな友達を水や川や木や花なんかに例えて書いていて、自分の友達を色々思い浮かべて重ねあわせると楽しい。

この本は20年近く前の本で、

残念ながら今、手に入らないのだが、近々復刊の予定。

 

 

004.jpg

 

 

 

 

003.jpg

 

 

嫁さんの文章が教科書に載るなんて、感慨深い。

しかも、中三のはじめっていうのがいいなぁ。

 

 

 

 

 

 


クレイアニメ

投稿者 koshirohata 日時 2016年4月22日

2016.4.22

 

 

 

「いっちょ、粘土アニメを作ってみようか!」と

嫁さんと準備していたら…息子が急にやってきて

「ちょっと、やらして」といって

カメラ、粘土、即席のスタジオすべてをジャックされてしまった。

そして勝手に作りはじめ、それ以来勝手に粘土アニメにはまっている。

 

 

IMG_0058.jpg

 

 

 

IMG_0092.jpg

 

 

IMG_0061.jpg

 

 

 

完全にぼくはオイテケボリ。

 

 

 

IMG_9952.jpg

 

 

IMG_0008.jpg

 

 

彼はすでに3本の作品を作っているのだが内容は内緒。

静止画のほんの一部がこんな感じ。

 

 

P4160023.jpg

 

 

 

P4160078.jpg

 

 

 

P4160174.jpg

 

あっというまにiMovieを覚えていく、

またしてもぼくはオイテケボリ。

 

何時間も粘って

テロップ、カット割、効果音、アフレコを編集している。

自分でハモニカや鉄琴を使って音楽を入れたりして、

まるでテレビ番組を編集する人みたいで、見てるとおかしい。

 

 

 

 

 

 


今年も国立の桜。

投稿者 koshirohata 日時 2016年4月8日

2016.4.8

 

 

 

今年も国立の桜がきれい。

 

先日、締め切りが一つ終わって、

息子は始業式で帰って来たので、家族でお花見に。

 

満開は過ぎたけど、久しぶりの晴れ間。

大学通りは花が緑にはえてうつくしい。

 

01daigaku.jpg

 

こっちは桜通り↓

 

02sakura.jpg

 

風がふくと花びらが舞落ちる。

 

03te.jpg

 

てのひらにも、おにぎりにも。

 

05onigiri.jpg

 

カメラのレンズにも!

 

06camera.jpg

 

このまま写すと、↓こんな写真に。

 

so2hanabira.jpg

 

桜のクローズアップを撮る息子。

 

07souma.jpg

 

息子の写真。めしべ

 

so4up2.jpg

 

おしべ

 

so3up1.jpg

 

陸橋の上からも。

 

08souma2.jpg

 

パチリ。

 

09somaphoto1.jpg

 

↑最近は少し考えて撮ってるようだ。↓

 

so5.jpg

 

13sora.jpg

 

 

 

ここからまた僕が撮影。

桜の木をグルリと回り込んであがっていく陸橋。

 

10hasi1.jpg

 

 

 

11hasi2.jpg

 

この時期だけの花道を行く。

 

12hasi3.jpg

 

↓こっちは午後に散歩で行った国分寺史跡。

花びらが川になっていた。

 

sakuranomichi.jpg

 

ガラケーで撮影。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


温泉タマゴの女の子

投稿者 koshirohata 日時 2016年3月18日

2016.3.18

 

 

 

今朝、温泉タマゴをつくった。

食べようと、取り出すと

タマゴが、かわいいティアラをつけてた。

 

tamago01.jpg

 

息子「わぁ、サザエさんみたい」

嫁さん「かわいい。女の子!」

 

と、ペンをもってきて

 

tamago02.jpg

 

顔を描いた。

 

tamago03.jpg

 

ころん、ころん。

 

tamago04.jpg

 

 

コップにのせて、

 

tamago054.jpg

 

手をつけて、

 

tamago06.jpg

 

赤いカバン。

 

tamago07.jpg

 

気がつけば、息子はとっくに学校に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


進化論が危ない。

投稿者 admin 日時 2016年3月15日

2016.3.15

 

 

 

昔からダーウィンの進化論が、どうも納得いかなかった。

 

ダーウィンは、すべて偶然によるものだという。

偶然に出来た突然変異が、偶然に環境に適応し、生き残る。(自然淘汰)

それを繰り返す事で、人になる。

 

まず、数十種類のアミノ酸が偶然にできて、それが偶然にタンパク質をつくって、偶然に細胞を作って、

それが偶然に単細胞生物やウィルスを作って、それが偶然に無脊椎生物を作って、それが偶然に脊椎動物を作って、それが偶然に魚を作って、それが偶然に両生類を作って……偶然に人になる。

全部、偶然に。

 

昔テレビで、科学者のカール・セーガンが進化をたとえてこう言っていた。

「進化とは、袋に分解バラバラにした時計の部品をいれて、

その袋を振ってるうちに、しまいには完璧な時計になったというのと同じです。

長い年月をへることで起きるのです」

 

 

進化論をまとめると

● 親が持って生まれた遺伝子は、そのまま変化せず子に伝わる。

● 遺伝子は生き物の設計図なので、生き物は遺伝子の通りに生まれて育つ。

● 遺伝子の変化は、偶然の異常(個体の突然変異)によってしか起きない。

● そして、その異常な遺伝子をもった個体が正常な遺伝子の生き物よりも、

  環境にマッチして生き残る。そして同じような突然変異の個体と出会って子孫を作る。

● これが、数えきれない回数、都合良く起きて、単純なものから超複雑なメカニズムが出来た。

 

ずっと僕は、この理論がどうしても信じられなかったのだ。

 

ところが!!

この進化論をひっくり返すかもしれない研究結果が近年次々に発表されているようなのだ。

 

それは、エピジェネティクスという研究分野で、

10年ほど前から注目を集め出したそうだ。

その研究結果の分かりやすいのを書きます。

①猫のクローンを作ったら、毛の色も性格も全然違う猫になっちゃった。

②遺伝子の一部を壊したネズミを作って、体のどこが欠損してるか調べたら五体満足で健康だった。

③雄のネズミに桜の匂いと電気ショックをあたえることで、桜の匂いに恐怖を感じさせるようにしたら

 そのネズミの子も、生まれながらにして桜の匂いで恐怖を感じることがわかった。

 (しかも受精のたった2ヶ月前の経験で)

④同じ遺伝子を持つ凶暴な性質のハチを違う環境で育てると、おとなしい性質に育つ。

 

ここから、考えられる事

①どうも膨大な遺伝子(DNA)は設計図ではなく、たくさんのアイデアがかかれたもので

どこのアイデアのDNAを使うか使わないか(オン、オフをきめる)は、別の書類があって、

それが決めるているようだ!

(現在はそれはRNAだと研究者の多くは考えてるらしい)

②その遺伝子のオン、オフを司る書類は、ある部分、子孫に伝わる!

③その遺伝子のオン、オフを司る書類は、生まれてからも変化する!

 

なんかワクワクしてきたぞ。

 

今、感じたり経験していることが、自分自身のDNAの働きを変える。

今、感じたり経験していることが、未来の人間を変える。

 

そう思うだけで、楽しくなれそうだ。

 

 

 

 

参考にしたページ↓

 

クローン猫 CC
http://catman.moo.jp/cloned-cat/
マウスの実験
http://tocana.jp/2013/12/post_3334_entry.html

ハチの研究などたくさん

http://wired.jp/2013/11/28/epigenetics/

古い記事ですが、

福岡伸一氏によるエピジェネティクス解説

http://diamond.jp/articles/-/16066

 


本棚作り、完成前夜

投稿者 koshirohata 日時 2016年3月13日

2016.3.13

 

 

 

何年も前から計画していた本棚をやっと作る。

嫁さんの仕事部屋に、

以前タモ材で作ったテーブルのように大きな収納あるだが
その上に、新たに作った木箱を二つを置き、
さらにその上に作った横長デカ本棚を置くという計画。
そうとう重くなるので、L型の支えを壁に2個付ける予定。

 

02-600.jpg

 

01-600.jpg


アルダーという材を初めて使ってみた。
硬すぎず、柔らかすぎず、加工しやすい。おおよいではないか。
と、思っていたんだけど、
アウロの天然オイルワックスを塗ると、思ったより色が深くなってしまった!
うーん。
塗る前のほうがかわいかったなぁ。やや残念。やっぱりタモ材をつかうべきだったかも。


しかたないので、下の箱だけでもさっぱりさせようと、白く塗ることに。
ついでに古くなった檜の引き出しも塗る。

 

03-600.jpg

 


しばらくして、乾いてるかなーっと見にいくと…
ちいさな昆虫たちが、たくさん、ペンキにからめとられている。

 

mushi-600.jpg

うぎゃ〜〜〜!

ワレなにさらしとんじゃ~~~!

虫はキライどころか大好きなのだが、

これはあかん。

 

でも、まてよ。

「そうか、二億年前にもこんなふうに、琥珀に入って化石になった昆虫がいるんやなぁ

恐竜時代と同じ情景がうちの庭でくりかえされてるのか…」

と、思うとなんだか楽しくなってきたのだった。


mushi3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


昭島市の小学校に行って来た

投稿者 admin 日時 2016年2月17日

2016.2.17

 

 

 

今日、東京都昭島市つつじが丘南小学校の杉の子学級にいってきた。

事前に僕のことをみんなで調べていてくれたようで、

着くなり、もう廊下で「わー、はたこうしろうさんだー。こんにちはー!」と

たくさんで歓迎してくれた。

 

前半は「絵本作家とは」という職業の話を

後半は急遽、絵を描く時間をつくることに。
予定になかったのだが、A3のコピー用紙とクレパスを用意してもらって即席ワークショップ。

突然で、時間もあまりなかったのに、面白い作品がつぎつぎできた。

 

 

011.jpg

 

↑紙を破いて、重ねて重ねて、不思議な生き物。

 

↓クレパスを塗って指でこすって面白い絵ができた。

 

010.jpg

 

↓なんだろうこのキャラは?かわいい。

 

009.jpg

 

↓これは船。カラフルできれい。

 

008.jpg

 

↓やぶいて形をつくって一つ目モンスター。この子はこれをいくつもつくっていた。

 

007.jpg

 

↓女の子の作品。みえにくいが、下には切れ込みがあって、四本脚になってる。
「こうやって走るんだよー」って。

 

006.jpg

 

サメの体に「新宿区、中野区、千代田区、侍、侍」なんだろう?
とにかく楽しそうだ。↓

 

005.jpg

 

↓紙をしわしわにして、立体にした作品。

みんな面白いことをつぎつぎ思いつくからワクワク。

 

004.jpg

 

とにかく、カラフルに、気持ち良く描いてくれた。↓
かれは、ずっとごきげんで笑顔が絶えなかった。

 

003.jpg

 

↓目玉がたくさん。その下にはちゃんと口もたくさん。そしてみんな笑顔。

 

001.jpg

 

 

 

とにかく、ピュアな子どもたちばかり。
不器用でとびきり可愛い作品をつくってくれた。

 全部載せたいぐらいだけど、このへんで。

 

 

 

 

 


ヒキガエルの交尾を観察

投稿者 koshirohata 日時 2016年2月14日

2016.2.14

 

 

 

今日、はじめてヒキガエルの交尾を見ることが出来た。
他のカエルの交尾産卵は見て来たけど、ヒキガエルは無かったのでうれしい。

昨夜、激しい雨だったので「今夜は絶対見られる!」と確信して夜9時半頃、近くの公園の池に向かう。

キューキューとあちこちで鳴き声がしてるではないか。
おー、やっぱり来てる!来てる!
家に電話すると息子が見に行きたいというので、一旦戻って息子を連れて再び公園に。

 

 

05.jpg

 

 

いるいる。灯りを照らすとヒキガエルだらけ。気をつけないと踏んづけてしまうほど。

 

 

02.jpg

 

 

そして、メスにしがみつくオス

 

 

09.jpg

 

 

あっちにも、こっちにも。

 

 

08.jpg

 

 

面白そうに駆け回る息子。

「おとうさん、すごい!こっち来て!」

「あ、奪い合って、ケンカしてる!」

と、興奮気味。

 

 

10.jpg

 

 

 

07.jpg

 

 

 

06.jpg

 

 

 

04.jpg

 

 

 

03.jpg

 

 

 

01.jpg

 

夏場のヒキガエルは肌がガサガサしてるけど、この時期のヒキガエルはトノサマガエルみたいにテカテカして柔らかくてかわいかった。

 

 

 

 

 

 

 

 


ワークショップの様子が新聞に載った。

投稿者 koshirohata 日時 2016年2月14日

2016.2.13

 

 

東京新聞の本社で子どもたちに

『絵本作りのワークショップ』をした様子が掲載された。

 

 

500.jpg

 

 

 

今回も子どもらの創作パワー炸裂。

全部が個性的で、どれもが見たことがない素敵な作品を作ってくれました。
全員が出来て見てあげるのに時間がかかってしまって、最後の子が終わったのが2時間押し。

 

 

08_500B.jpg

 

 

06_500B.jpg

 

 

05_500B.jpg

 

 

04_500B.jpg

 

 

02_500B.jpg

 

 

03_500B.jpg

 

 

01_500B.jpg

 

 

 

07_500B.jpg

 

 

参加してくださったみなさん、

新聞社のスタッフのみなさん、

アリス館のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


home

Books

event

workshop

blog

profile

Web Analytics